FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まずは、気持ち』


みなさん、こんにちは
毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、ちょっと前ですがこの方も今年話題になりました
今年のインディ500レースで日本人で初めて優勝した佐藤琢磨選手です。

1911年に第1回大会が開催されたインディ500は、F1シリーズのモナコ・グランプリ、耐久レースのルマン24時間と並び世界三大レースと称される。このレースで優勝するのは、例えばゴルフならマスターズ、テニスなら全仏オープンで優勝するようなものなんですね。
その最高速度はF1をしのぎ、周回コースを走るレースとしては世界最速を誇る。どういうレースかというと楕円形のコース1周2.5マイル(約4km)を200周、走行距離500マイル(804.km)で争う。世界の周回レースカテゴリーの中でも最も速い。また、最高速度は380km/hに達する。これはF1の瞬間最高速度記録(372.4km/h)を上回る。
300キロ以上で同じコースをぐるぐる200周も同じ人間ができるとは超人的だと思いますが
この佐藤選手は10歳のとき、鈴鹿サーキットでF1を観戦し、レースの魅力にとりつかれた少年は夢を追い続けた。
高校時代に部員1人だけ自転車部を立ちあげ、インターハイで優勝した。そのキャリアをなげうち、幼い頃から憧れていたモータースポーツの世界に19歳で飛び込んだ。ほかの有名トップドライバーの多くが幼い頃からレーシングカートで腕を磨く世界でありながら、だが「最後は気持ち。まず気持ちがあって、才能があり、環境がある」と信じ進んできたそうです。

 F1の米国GPで3位表彰台を手にしたとき、「これはまだ始まりにすぎない」「勝負はこれから」と思っていたという。しかし、その後は何度も挫折を味わった。それでも「夢をあきらめなかったから、道は通じた」と佐藤はいう。
30年後、遅すぎるスタートというハンディを乗り越え、40歳というベテランになりながら大きな夢をなし遂げた、今日は佐藤選手の話をさせて頂きました

ちょっと前に書いた記事ですがアップさせていただきました



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:勇蔵
千葉県東金市在住
気軽にふらっと飲みに行ける
馴染みの店を作りたい・・・
なんて思っている40歳代の
普通のオヤジです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。