人手不足の宅配業界

みなさん、こんにちは!
毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、年度末が近づいてきますと、何かと忙しくなります。
どの業界も本当に大変だと思いますが、今、とても忙しく問題となっているのが宅配業界です。
アマゾンなどのネット通販の荷物が爆発的に増えて つい先日ヤマト運輸も27年ぶりの値上げに踏み切りました。
うちのお店にも大和さんといくらか取引がありますので、やはり、値上げは痛手ですが、仕事は増えるのに利益は減る、ということで今のままではサービスの維持は難しいということです

ヤマト運輸は創業者の小倉さんの理念の「サービスが先、利益は後」の精神の元、頑張ってきましたが、限界が来ていると思われます。
そもそも、日本のこういったサービス産業コンビニやら、鉄道にしても、世界的にもきめ細かなサービスとか、正確さは類を見ないものです
ネット販売では本家のアメリカや中国などは、再配達は有料であり、時間的にもルーズ。日本では、高度なサービスに消費者が慣れきってしまったことで、企業も自分で自分の首を絞めてしまった感があります。

法政大の経営学の小川教授も、過剰な利便性の追求が社会の不利益になるということを消費者が自覚する必要があると言っています。

こういったことは、築地から豊洲への市場移転問題などにも言えるような気がします。
いろんなことに、ちょっと過敏になりすぎていると思うんですが、いかがでしょうか?

と言う訳で、今日はこのへんで・・・・





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する