スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二刀流

みなさん、こんにちわ!毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!
さて、今年のカレンダーも残り少なくなってまいりましたなハロウィンが終わるともうすぐクリスマスですね。
プロ野球の方もあっという間に日本シリーズも終わってしまいました。今年の日本シリーズはやはり、この方の活躍が目立ちましたね。二刀流の大谷翔平選手です。
今日は先入観の話をします。そもそも、なんで、大谷選手が二刀流になったかというとそれは素人の発想だったからです。
大谷選手がドラフト指名された後にお母さんの加代子さんが「ピッチャーとバッターってどっちもできないのかね~?」と言ったそうなんです。それに対して「大谷選手はプロの世界は死に物狂いでポジションを奪おうとしている世界なんだから、どっちもやりたいなんて、やってる人に失礼だよ」と反論していたそうです。
しかし、その後、「先入観は可能を不可能にする」という言葉を胸にきざんでの、今の活躍であります。お母さんが何気なく口にした先入観にとらわれない発想で今の大谷選手の活躍は生まれたのです。
後日、お母さんはこう言ったそうです。「どっちもやるんじゃ2000本200勝は無理か、じゃあ、翔平の場合は1000本100勝ではダメかしらね?」
先入観を捨てて起用し続ける、ファイターズの栗山監督もまた素晴らしいですね




スポンサーサイト
コメント

こんにちは!

カセットの記事もコメントしたいんですけど、まずはこちらに(笑)
今って、これまで常識だとされてたことがドンドン覆ってる時代ですよね。アメリカ大統領選挙のこともそうですし。でも、その常識くつがえりのいちばんの象徴が大谷君の二刀流じゃないかと常々思ってるんです。プロ野球においてはマンガの世界でしかありえなかったことを本当にやってるんですもん。私も勇蔵さんと同じく、これを容認している栗山監督がエライ!と思いマス。きっと他の監督だったらどっちかに強制的にさせられてたろうし、大谷君もそれを予感してメジャーの方を選んでたでしょうね^^;

こういう点に関してだけは、昔よりも今の方が面白いのかなと思いマス。

マナサビイさんへ

うわ~っ、さっそくのコメント、ありがとうございます。

世界の情勢も、環境の変化も、時間が経つのも、もう何もかもが早くて、世知辛いというか、のんびり出来ない世の中になったもんだと思います
昭和40年男には、もう、ついていけませんよ~

何よりも人の気質、人情味が無くなってきてますかね~

何かのCMでも言ってましたね

世界中とは繋がってなかったけど、ご近所とは繋がっていた・・・って・・・

(でも、こうして、小さい画面の中で遠方の人と繋がれるのも嬉しいですな)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。