自己犠牲感と自己肯定感



みなさん、おはようございます!

今、ここから歩き出そう!

1週間に1回の心のリセット!

モーニングセミナーにようこそ、お越しいただきました
今日も早朝より沢山、ありがとうございます

今日は当会の会員でもあります大里総合管理の野老社長の
待ちに待った、講話であります
後程、よろしくお願いいたします

さて、人は会社や組織に入って働きだすと

自己犠牲感と自己肯定感、この二つを感じるようになるそうです

自己犠牲感というのは『俺は会社のために、こんなにやってるのに・・・

とか、こんなにやってるのに誰も認めてくれない・・・とか思う気持ち

一方、自己肯定感というのは、同じことをしても見返りを気にしない

これは、俺の今やるべき仕事はこれだ、とか、これが好きだと感じる気持ち  だそうです

判断の物差しを自分で持ってる人ですね

やはり、会社としては自己肯定感の強い人の方がうれしいですよね

おそらく、今日の講話の大里さんの社内は、この自己肯定感の強い方たちで

いっぱいなのではないでしょうか?

と、いうわけで、あまり長くしゃべると講話の時間が無くなりますので

この辺で終わりにしたいと思います

今日は残りの人生の初日です
張り切ってまいりましょう

以上で挨拶を終わります





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する