センゴク

今年のNHK大河ドラマは

黒田官兵衛であるが

その官兵衛も登場する



戦国時代を生き抜いた

仙石権兵衛秀久(実在の人物)のドラマチックな物語


史実とフィクションと織り交ぜつつも

パワフルなコマ運びで

一気に読ませる


巻が進むにつれ、画力がドンドン、アップしていくのが

明らかによく分かる



センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2004/11/05)
宮下 英樹

商品詳細を見る



これで予習していたおかげで

映画「清須会議」も

面白く見ることができた


もし小生が、今、一番、面白い漫画は?と聞かれたら

進撃ではなく、センゴク、と答えるのである






オススメ度     ★★★★★




スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する