スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム その9【雨の季節】

今回も地元の広告情報紙に載せた文から転載

*********************************



しとしと・・・なんである。梅雨だから当然といえば当然。
ジメジメ・・・なんである。これも梅雨だから仕方のないことなのかもしれぬ。
蒸し蒸し・・・この時期だからね。・・・とは言え耐えがたいものがある。

果たして、世の中はやっぱり、エコ、節電ムードの中、いつ、エアコンのスイッチをいれるのか・・・まだ我慢するのか・・・決断はいかに!
というわけで、皆さ~ん、お元気でしたか?
どうも!またまた登場しました!雨音はショパンの調べ、昭和40年男、勇蔵です。

さて、アベノミクスも全く関係なく、地方経済も梅雨真っ只中!・・・でござるが、早く梅雨明けにならないかなあ~と徒然なるままに日暮らし・・・。しかしながら、ことしの梅雨は例年とちょいと様相が違うようだな~入りも10日くらい早かったし、あと、先日の報道では利根川水系上流のダム8カ所の平均貯水率が52%になり(6月17日現在)、同日時点の貯水率としては過去最低を記録した(利根川水系渇水対策連絡協議会発表)・・・なんて、ニュースも入ってきて、「今後雨が少なければ取水制限も検討する」らしい。ということなんで、ちょっと思い返してみても、確かに先月から、まとまった雨が無かったような気もするな

六月は昔は「水無月」と書いて「みなづき」と読むけれど、これではホントの水無し月になっちまうな。それじゃ、雨乞いの意味も込めて雨の付く呼称特集ということで・・・

春霖    春に降る長雨
春驟雨   周囲が急に暗くなりたまに雷鳴をともなって降る春のにわか雨
走り梅雨  梅雨入り前にしとしと降る春の雨
青梅雨   梅雨期の雨によって木々の緑が鮮やかになるのでその状態をいう
送り梅雨  夏が近づいた印の梅雨期の末期、梅雨を送るかのように激しく降る
五月雨   梅雨の異称。旧暦の5月に降る雨。田植えの雨。
薬降る   旧暦の5月5日(薬日)の午後に降る雨。豊作をもたらす縁起の良い雨
驟雨    夏の雨で夕立ちや雷雨のこと。急に降り、すぐ止む

この時期はやっぱり、うっとおしいと感じるけど、古来から日本人は雨と深くつきあってきたことが分かるような気がするね。じゃあ、また!

つづく・・・




スポンサーサイト

テーマ : ちょっとしたこと書きます - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。