クレイジー・ハート

ん~、これぞアメリカン・・・

そんな映画である。

これを見ながら、去年見た

ミッキーロークの「レスラー」を思い出した。

ま、あそこまでは重くないけどね。



主演のジェフ・ブリッジスが

メタボな落ちぶれたカントリーシンガーを好演。

ダメ男だけど、どこか哀愁があってカッコイイ。

役に見事にハマっているし、歌も上手い。

話自体は、どこにでもありそうなストーリーだけど

見終わった後の後味は悪くない。

こういうのは嫌いじゃない。佳作である。


クレイジー・ハート [DVD]クレイジー・ハート [DVD]
(2010/11/26)
ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール 他

商品詳細を見る




おススメ度  ★★★★☆


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

コメント

こんばんは!
やはり勇蔵さんも、あの「レスラー」とダブらせていらっしゃったんですね^^
女性の目線から言わせていただくと、まだこちらの主人公の方が救いようがあり、支えていってあげても良いかなという気持ちにさせられました(笑)
裏ではアル中で酷い状態であることなど微塵も伺わせない舞台での態度にはプロ根性を見ました。
そして仰る通り、歌が上手くてびっくりでした^^


ぴーちさんへ

いつもコメントありがとうございます!
そうですね、レスラーの主人公に比べれば
こちらのバッド・ブレイクの方がまだ救いがありますかね?
男から見ても、ジェフ・ブリッジス、かっこ良かったですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する