あしたのジョー

言わずもがなの超名作である。

映画が公開されたのもあって

久々に読み返す。


「あしたのジョー」はやはり

数ある漫画の中の最高峰であると思う。


小生的には「鑑別所~少年院編」と

「どさ回り編」あたりが好きなんだな。


あと、最後の白木葉子とのシーンも好きだが

紀ちゃんと1度だけデートするシーンもイイ。


今度の映画がどのあたりからどこまでやるのか

知らんけど・・・

小生のなかではやっぱ、ジョーはあおい輝彦、丹下段平は藤岡重慶

・・・なんだよなあ

無理に実写しなくていいよ、もう。


あしたのジョー (20) (KCデラックス (374))あしたのジョー (20) (KCデラックス (374))
(1993/11)
高森 朝雄、ちば てつや 他

商品詳細を見る



新装刊が沢山出てるけど

やっぱり小生にはこの講談社コミックスのカバーが

思い入れもあり、味があって、復刻版で全巻、揃えてしまった!




おススメ度  ★★★★★


スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

やっぱ「KC版」ですよね!
私も全巻持ってます(笑)

アニメ版の音楽もイイですよね~
作詞・作曲の顔ぶれ見ても
寺山修二、村上龍、ジョー山中、荒木一郎・・・
「濃すぎ」です(笑)

最近「デビルマン」の原作を読み返し、あのラストで「どん底」に突き落とされました。

私的にも、一連の実写化はもう勘弁・・・てのがホンネですね。

こんばんわ。

自分も紀ちゃんとのシーン好きです。
結婚式でのジョーを見る冷めた目も意味深で好きですw
アニメ版でもデートの後のシーンではジョーに対してなんか冷たい感じがするんですよね。
自分は友達にKC版を借りて気に入ったのですがお金を貯めて買った時は赤い背表紙のちょっと分厚いやつでしたね。
今見ると最終回に向けてコマ割りがどんどん小さくなっていくのがなんとも。。。

まるさんへ

いつもコメントありがとうございます!
いやー、そうです、さすが、まるさんも
読み込んでますね~
マンモス西との結婚式の時の紀ちゃんの
表情はすごく印象的でした。

popman1966さん(?)へww

いつもコメントありがとうございます!
あっっ、、、、やはり、持ってましたか!KC版!
いやー、しかし確かに濃すぎるオールスターです。
当時の才能ある人達はやはり、一つの枠には収まってませんよね~

こんにちは!
ネタバレして申し訳ありませんが、実写版では
獄中シーンはありましたが、お色気、恋愛関連の
話は全くありませんでした(^^ゞ
あくまでジョーと力石の反目し合う様子に絞り込んだ
内容でした。
でもそれぞれの俳優さんたちの意気込みが
ひしひしと伝わる作品でしたので、よろしければ一度
ご鑑賞いただきたく思います^^
ではまたこそっと。。お邪魔させてくださいww

ぴーちさんへ

いつもコメントありがとうございます!
ヤマトがちょっとアレだったので、(T . T)
実写版アレルギーが。。。。
しかし、ジョーに関しては好評のレビューが
なんとなく多いので、チョット気になり出してます(^_^;)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する