レポゼッション・メン

これね・・・、予習も何も無しで見たんだけど

意外と、ハマってしまったな~

追っていた側が、逆に追われる立場になっちまう、

まあ、よくあるパターンだけど、

なにより、臓器の回収人という設定が面白かった!

【ストーリー】
近未来、ユニオン社が製造する高価な人工臓器によって、人類はかつてない長寿を得ていた。
しかし人工臓器のローン返済が不可能になると、ユニオン社の「レポゼッション・メン(レポメン)」が
容赦なくその臓器を回収(レポ)する。まさに彼らは合法的な殺し屋だった。
レポメンのレミー(ジュード・ロウ)はある日、取り立てに失敗し重傷を負った。
そして、人工臓器を体に埋め込まれてしまう。多額の負債を抱えて追われる身となった彼は、
かつての同僚やユニオン社と闘う決意をするが・・・。

レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]レポゼッション・メン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2010/11/10)
ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー 他

商品詳細を見る


どこまで効くのかは定かでないがww

クライマックスで

簡単なヤク(麻酔?)を口に塗っただけで自分の腹を

切り開いて内臓をグリグリやっちゃったり

ハチャメチャだけど

物語の伏線は方々に張られている。

ラストは『あっ!!』・・・って感じで!

ナカナカデス、ハイ!



オススメ度  ★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

コメント

おはよ

凄い設定の映画だね(笑)

人工臓器、近未来は自分の細胞で自分の臓器を作っちゃいそうで、
なんか怖いなあとか ・・・

かぶともさんへ

いつもコメントありがとうございます!
あっ、そうそう、そうですよね~!
かぶともさんの言うとおりですよ~!
機械の臓器より、そっちの方が早いかもね・・・(@_@;)

こんばんは!

確かに、あの内臓切り開き合い(愛?)
のシーンは、あいたたた~~なかんじでしたね^^;
ジュード・ロウはさすがにそういう演技は上手かったですね~♪(一人芝居もウマイ方ですもんね)

ぴーちさんへ

いつもコメントありがとうございます!
そうですよね~役者さんは大変ですよね~
ジュード・ロウも相当、ビルドアップされてました~
アクションもなかなかでしたよ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する