スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮雲

昭和30年の作品。

だが、今見てもちっとも色褪せてない。

結局、いつの時代も男女の業の深さは変わらない。

成瀬巳喜男監督は高峰秀子、森雅之という

素晴らしい役者を通してそれを浮き彫りにした。

セリフのひとつひとつが、全部、名言!

昔の映画はセリフ、一つにさえ情熱をかけ

作ってたんだな~とヒシヒシと感じる作品。


【ストーリー】
太平洋戦争のさなか、ベトナムの占領地ではぶりをきかせていた男が
事務員のゆき子と結ばれる。しかし戦後帰国した彼には妻があり、
やがて女は外国人の愛人にまで堕ちていくが、
それでもふたりは別れられないままズルズルと関係を続けていく……。

浮雲 [DVD]浮雲 [DVD]
(2005/07/22)
高峰秀子森雅之

商品詳細を見る


モノクロ作品ではあるが、そんなの関係無く

高峰秀子が抜群に美しい。。。


おススメ度 ★★★★★





スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

昨年、再見したのですが、何だか初めて観るような錯覚に陥り、凄い演出に唸らされました。
森雅之、高峰秀子の艶っぽい演技ったら!
素晴らしい作品を観たあとは、淀川さんの解説を聴きたくなりますw

popman1966 さんへ

いつもコメントありがとうございます
はい、ホントに良い作品だと思います。これを機会に成瀬作品をもっと観てみようと思いました。
確かに、小生の中でも解説といえば、淀川さんと荻さんが双璧ですw
プロフィール

Author:勇蔵
千葉県東金市在住
気軽にふらっと飲みに行ける
馴染みの店を作りたい・・・
なんて思っている40歳代の
普通のオヤジです・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
QRコード
QRコード
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。