ディスカバーサンム!

| EDIT

みなさん、おはようございます。 今、ここから歩き出そう! 1週間に1回の心のリセット!

さて、今日は八鶴湖の浄化のお話ということですが、その昔、今の東金高校の場所にかの徳川家康が鷹狩りに来た際に滞在するための施設として、東金御殿が作られたのは有名な話ですが、この八鶴湖はその御殿の庭の一部として造られたようです。
まあ、元々、湿地帯で谷池と呼ばれる池はあったようですが、それに手を加えて御殿池と呼ばれていたそうであります。

この東金御殿は建物面積6700坪、部屋数は40というかなり大きいものだったようですが
のちに、東金が幕府の直轄領で無くなり板倉藩の藩領となったため、「神君家康公がお泊りあそばした場所は畏れ多いということで取り壊されてしまいました。

たらればの話ですが、この御殿がもし、壊されずに残っていたなら、東金もかなり観光客を呼べるスポットになっていたのではないでしょうか・・・
ということで、ハッカクコの前座の話を終わりにします

スポンサーサイト
Category: 日記
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。