スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家系図を書いてみる


みなさん、こんにちは!
毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、以前に
自分が生まれるまでに何人のご先祖がいるのかという話がありましたが
一代前 私の両親が2人
二代前 両親の両親(爺さん・婆さん)が4人 計6人
三代前 ひい爺さんたちの両親が 16人 計30人
四代前 計62人 五代前 計126人 六代前 計254人
七代前 計 510人 八代前 計 1022人 九代前 計 2046人
十代前 計4094人・・・ 二十三代前 計 1億6781万7214人
という話でしたが、
自分のルーツを調べてみると良いよ、ということらしい

なんでも、日本家系図学会というのがあって、自分の家系の調査を代行してくれる機関があるんですね
びっくりしました。
自分で調べるには①市役所に行って戸籍から調べる、除籍謄本を調べる
②親、親族に聞く③菩提寺に行って調べる・・・・などありますけど
なかなか大変そうですね
調査依頼してみるのも、手かもしれません

と言う訳で、今日はこの辺で・・・・





スポンサーサイト

土用の丑の日


みなさん、こんにちは!
今、ここから歩き出そう、1週間に1回の心のリセット!

さて、昨日は土用の丑の日でしたが、皆さん、ウナギは食べましたでしょうか?
ちなみに、昨晩はうちはカレーでしたので、ウナギにありつけるのはもう少し先になりそうです

しかし、全世界のウナギ資源は1970年代から減少を続けており、2014年6月にはIUCNレッドリストに絶滅危惧種として選定されてますのでね、将来的にウナギが食べらえなくなる日が来るのではないかと、世界のウナギの7割を消費している日本人、ウナギ好きとしては戦々恐々としてますけどね

ご存知のように、ウナギは天然ものと養殖物がありますが、なにしろウナギの生態に未解明の部分がたくさんあるわけですね
養殖も結局、稚魚であるシラスウナギを海から取ってきて成魚になるまで養殖しているわけで、ウナギの人工ふ化というのも1973年に北海道大学において初めて成功して、2010年、水産総合研究センターが人工孵化したウナギを親ウナギに成長させ、さらに次の世代の稚魚を誕生させるという完全養殖に世界で初めて成功したと発表しましたが、エサが特殊であったり、人工環境ではほとんどオスしか生まれないとか、コスト面で課題が多く現状ではシラスウナギ1匹にかかるコストは飼料代、設備投資、人件費、光熱費など1000円以下では無理だといわれているんです

今年になって、日本と台湾、韓国、中国の研究者ら約100人が参加する「東アジア鰻学会」の設立されてウナギの保全にワールドワイドで取り組んでいこうという動きが出てきました

ネットに、ウナギが無くてもご飯とウナギのたれだけで十分、食べた気になれるなんて載ってましたが、今年は土用の期間中に二の丑までありますので期待したいと思います

と言う訳で、今日はこのへんで・・・・



山本五十六の言葉


みなさん、こんにちは!

毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、今日は何の話をしようかと思いましたが、今日は連合艦隊司令長官、山本五十六さんのお話であります

真珠湾攻撃を指揮した人ですが最後まで日米開戦に反対していたことで有名です。

海軍軍人ということで、最後は海の上、戦艦の上で亡くなっていたかと思ってましたが・・・

ミッドウェイ海戦の敗戦から、日米の主戦場はソロモン諸島へと移りました。ソロモン諸島では、連日激しい航空戦が繰り広げられていきました。ガダルカナル島での戦局は、全滅していき、多数の戦死者を出していきました。ニューギニア島でも日本軍部隊の玉砕が相次いでいきますが、日本軍はラバウル周辺に航空兵力を集めてその兵力を集中運用する「い」号作戦によって事態の打開を図ります。
山本五十六は自ら陣頭指揮を取るために、トラックからラバウルへと進出していきました。4月7日から実施された「い」号作戦は一応の成功を収めることになり、山本五十六自らがショートランド方面の各前線部隊に視察と激励に行くことになりました。しかしこの時には各部隊に暗号で送られた視察スケジュールはアメリカ軍によって全て解読されていました。
その一方で日本軍は、このとき暗号を変更したばかりだったので、まさかアメリカ軍側に解読されているとは気付いていませんでした。頻繁に航空戦が発生していたこともあり、視察を行うことはかなり危険を伴うことだったのは、視察に反対した幕僚だけではなく山本五十六自身もよく知っていたはずです。長官の乗った一式陸上攻撃機(一式陸攻)2機と護衛の零戦6機がラバウルを出発します。そして、ブーゲンビル島上空に差し掛かったときに、米陸軍戦闘機P-38(ライトニング)16機の待ち伏せ攻撃を受けました。零戦は必死の護衛でP-38の1機を撃墜しましたが、P-38の攻撃は一式陸攻に集中しました。一式陸攻は2機とも撃墜されて、1番機に搭乗していた山本長官以下11名は全員戦死しました。山本五十六の遺骨はその後戦艦武蔵によって本土へと持ち帰られました。
山本五十六の死は1ヶ月以上秘匿されて、5月21日の大本営発表で公表されました。そして6月5日に国葬が行われました。
いろいろな名言を残していますが、山本五十六の人物像を見た時、意外にも博打好き、女好きだったそうです
というわけで、今日は山本五十六の話をさせていただきました


ほめたつ検定

みなさん、こんにちは!
毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、先日、ほめたつ講座というのがありまして行ってまいりました
ほめたつ検定を主宰している西村貴好さんの講演でしたが、面白かったです

今はSNS、フェイスブックの中でもそうですが、イイね!ばやりです。
褒めるということで、、コミュニケーションをとり、相手のやる気を引き出す
褒めるということは、ヒト、モノ、出来事の価値を発見すること、ということです

ある企業で、半分の社員を部下を積極的にほめる管理職の下で、もう半分をあまり褒めない管理職の下で働かせたところ、褒める管理職の下で働く社員の方が企画の提案などが積極的になる傾向が見られたそうです

やはり、人は褒められる方がいい
しかし、人を褒めるのは意外と難しい、なかなか自然にできない
それで、この、褒める達人検定というのがありまして、3級から受けられるそうです

高度経済成長を生きてきた成功体験満載の親の世代、バブルで浮かれていた私らの世代・・・そして、右肩下がりの世間しか知らない、私たちの子供らの世代、明らかに世代間の溝はありますが、褒めあうことでお互いの価値観を再発見できるのではないかと思います

と言う訳で、今日はこのへんで・・・・





人手不足の宅配業界

みなさん、こんにちは!
毎日が新しい誕生日、今日は残りの人生の初日です!

さて、年度末が近づいてきますと、何かと忙しくなります。
どの業界も本当に大変だと思いますが、今、とても忙しく問題となっているのが宅配業界です。
アマゾンなどのネット通販の荷物が爆発的に増えて つい先日ヤマト運輸も27年ぶりの値上げに踏み切りました。
うちのお店にも大和さんといくらか取引がありますので、やはり、値上げは痛手ですが、仕事は増えるのに利益は減る、ということで今のままではサービスの維持は難しいということです

ヤマト運輸は創業者の小倉さんの理念の「サービスが先、利益は後」の精神の元、頑張ってきましたが、限界が来ていると思われます。
そもそも、日本のこういったサービス産業コンビニやら、鉄道にしても、世界的にもきめ細かなサービスとか、正確さは類を見ないものです
ネット販売では本家のアメリカや中国などは、再配達は有料であり、時間的にもルーズ。日本では、高度なサービスに消費者が慣れきってしまったことで、企業も自分で自分の首を絞めてしまった感があります。

法政大の経営学の小川教授も、過剰な利便性の追求が社会の不利益になるということを消費者が自覚する必要があると言っています。

こういったことは、築地から豊洲への市場移転問題などにも言えるような気がします。
いろんなことに、ちょっと過敏になりすぎていると思うんですが、いかがでしょうか?

と言う訳で、今日はこのへんで・・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。